ミドリムシで作られたプラスチック

ミドリムシで作られたプラスチック

製造コストの削減にも繋がる

今まで、石油を原料として作られてきた「プラスチック製品」ですが、将来的には、「石油」は地球上の限られた資源です。

 

そこで、研究開発されてきたのが、「ミドリムシを主原料としたプラスチック製品」です。

 

ミドリムシは、限られた敷地内での培養が可能な事、また、二酸化炭素の削減にも威力を発揮する為、食品、バイオ燃料などの主原料として注目されてきました。

 

そこで考えられたのが「バイオプラスチック」です。

 

「バイオプラスチック」の研究は、「独立行政法人科学技術振興機構」(JST)の以来の基、
「先端的低炭素化学技術開発」の一環として研究がはじめられました。

 

トウモロコシやサトウキビを原料にしたプラスチックは既に開発されていましたが、「非食用」である多糖類を使用することで、陸上植物だけでの供給リスクを回避する事が目的でした。

 

そこで注目されたのが「ミドリムシ」が持つ多糖類成分「パラミロン」です。

 

「産総研」のバイオメディカル部門主任研究員である「芝上 基成氏」を中心とする、
NECスマートエネルギー研究所主席研究員「位地 正年氏」・宮崎大学農学部准教授「林 雅弘氏」らの共同研究によって、ミドリムシを主原料とした、「微細藻類プラスチック」の開発に成功したのです。

 

この「ミドリムシプラスチック」は、植物由来成分が70%と言う事もあり、安全性にも優れています。
ミドリムシが作り出す多糖類「パラミロン」にミドリムシ由来の油脂成分「ワックスエステル」又は、カシューナッツ殻由来の油脂成分を付加することで、「ミドリムシプラスチック」を生産することが出来る事が発見されました。

 

ミドリムシは、水と高濃度のCO2と、太陽光による光合成で培養されます。
その水も、食品工場から排出される安全性の高い廃液での培養が可能なため、製造過程で掛かる製造コストの削減にも繋がります。

 

これからの研究も大いに興味深いものになるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ