ミドリムシサプリメントの保存方法

ミドリムシサプリメントの保存方法

直射日光には注意

サプリメントにも色々な形状があります。
特に、「ミドリムシサプリメント」は、原材料である「ミドリムシ」は「ユーグレナ社」から取り寄せられてはいますが、実際「サプリメント」としては、多くの会社が独自の製法で製品化しています。

 

主な形状では、粉末状、錠剤タイプ、カプセルタイプに分かれています。

 

どの形状の「ミドリムシサプリメント」にも共通して言えることは、「直射日光を避けて高温多湿の場所には保管しない」と言う事です。

 

特に、粉末状の物ですと、水に溶かして飲むタイプの物もありますが、そういったものを既に水に溶かした状態で冷蔵庫に保管することはお勧めできません。
出来るだけ、成分を破壊しないためにも、また衛生上の事も考慮して、毎回必要量を乾いたスプーン等で計量して飲用する方が効果的です。
決して、濡れたスプーンや湿気の多いところには保管しないようにして下さい。
多少の湿気でも、粉末状の物は、製品自体に湿気を含み、カビが発生したりしますので気を付けてください。

 

錠剤や、カプセルタイプの物も同様に、しっかりと、高温多湿を避けて保管してください。
たまに、サプリメントケースに詰め替えて携帯する方がいらっしゃいますが、容器を変えることは、空気中にも触れているので、出来れば2~3日で使い切るようにしてください。

 

あまり長い間、カバンの中に入れっぱなしにしている事で、サプリメント同士が湿気でくっついてしまう場合や、変色する恐れがあります。

 

特に、カプセルタイプの物は、ちょっとした湿気にも敏感に反応してしまいますので、すぐにカプセル同士がくっつきやすくなってしまいます。

 

保管期間は、それぞれの箱に記載されていますが、あくまでも未開封時の保管期間なので、開封後は、決められた保管状態で、なるべく早く飲みきるようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ